【代替医療ナビ.com】  

だいたいいりょうナビ / 代替医療とは現代医療を補完・代替する医療のことです。/ がん・糖尿病・アレルギーなどに対する世界各国の様々な代替医療や健康情報をお届けします。

*

ヤーコン  Yacon

アンデス産巨大イモのパワーで血糖値抑制

 main_00000001181[1]

ヤーコンとは

ヤーコンは中南米、アンデス高地原産のキク科多年草の根菜です。塊根部はサツマイモに似ていますが、地中の養分を一気に吸い上げ、その数倍の大きさに成長する巨大なイモです。食感はサクサクとしており、かすかな甘みがあります。日本でも茨城県や北海道をを中心に、少量ですが栽培が始まりました。

古代インカ帝国の昔から、先住民のインディオたちにとって、ヤーコンの根は大切な栄養野菜として、その葉は煎じて血液をサラサラにする健康茶として飲まれていました。

ヤーコンの塊根部(イモ)に含まれる成分のうち、近年とくに注目されているのが、オリゴ糖、食物繊維、ポリフェノールなど、それぞれ特徴的な働きをもつ有効成分です。

オリゴ糖は難消化性の甘味成分の総称です。 ヤーコンに含まれるオリゴ糖はフラクトオリゴ糖といい、やはりそれが含まれる夕マネギの3倍以上、ゴホウの2倍以上もあります。フラクトオリゴ糖はそのまま腸内に届いて善玉ビフィズス菌を増やし、便通を整える働きがあります。

ヤーコンの働き

期待される働きはつぎのとおりです。

  • 血糖値の上昇を抑える
  • 高血圧改善
  • 腸内環境改善
  • 整腸作用
血糖値の上昇を抑えて糖尿病を予防する

ヤーコンの食物繊維は約80パーセントが水溶性の食物繊維ですが、フラクトオリゴ糖とともに腸内で善玉菌を増殖させ、悪玉菌の働きを抑制する整腸効果があります。さらに糖質の腸管からの吸収を遅らせて、血糖値の上昇を緩やかにする働きもあるので、インスリンの過剰な分泌を抑制することになり、糖尿病の予防や治療も役立ちます。また、葉にインスリンに似た成分も含まれることが分かり、高血圧の改善作用も期待されています。

赤ワイン並みの含有量を誇るポリフェノールには、強い抗酸化作用とコレステロール除去作用があり、細胞の老化や動脈硬化、高脂血症のもとになる過酸化脂質をできにくくします。

費用その他

ヤーコンを日本で栽培している農家は限られますが、通信販売でサツマイモと同等か少し高い値段で買うことができます。ヤーコンの葉はハーブティーとして人気があり、比較的安価に入手できます。

 - サプリメント・健康食品