【代替医療ナビ.com】  

だいたいいりょうナビ / 代替医療とは現代医療を補完・代替する医療のことです。/ がん・糖尿病・アレルギーなどに対する世界各国の様々な代替医療や健康情報をお届けします。

*

モロヘイヤ Mulukhiya

高栄養・免疫力アップ効果の青菜

モロヘイヤ

モロヘイヤとは

モロへイヤはシナノキ科のー年草で、草丈25〜30センチメートルほど、シソに似た葉は刻むとオクラのような粘り気が出てきます。味にはとくにクセがなく、生葉のままサラダやおひたし、和え物、 酢の物に、または天ぶらにしてもおいしく食べられます。国内でも夏の野菜として人気が高まってきました。

つい20年ほど前、日本では沖縄などでの栽培が始まったばかりですが、モロへイヤはきわめて栄養価の高い健康野菜として注目されています。とくにカルシウム、カロテンの含有量が高いといった特徴があります。カルシウムではホウレンソウの約9倍、ブロッコリーの約10倍、プロビ夕ミンA(体内でビ夕ミンAとして働く)であるカロテンはホウレンソウの約5倍、ブロッコリーの約19倍もあります。このほかにも、食物繊維、ビ夕ミンB2、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、鉄分などが豊富に含まれています。

原産地はエジプトやナイル川流域を中心とする地中海東部地方で、古代エジプトではすでに食用とされていました。その昔、アラビアの王様(マリク)が体調不良の際に、このスープを飲んだところ、みるみる元気になったと伝わっています。このことから、当時の言葉で、「王様(マリク)のスープ」を語源とするモロヘイヤと呼ばれるようになりました。

モロヘイヤの働き

期待される働きはつぎのとおりです。

  • 免疫力向上作用
  • アレルギー疾患の抑制
  • コレステロール低下作用

ぬめり成分が健康に良い

モロへイヤのぬめり成分は粘液多糖類で、血中の過剰な中性脂肪やコレステロールを低下させるほか、生体の免疫力アップや細胞の保水力を高める働きがあり、花粉症、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患への効果も期待されています。

費用その他

夏にはスーパーなどで生鮮コーナーに並ぶモロヘイヤ。栄養価が高く、価格は控えめなので日々の食習慣に取り入れたいものです。濃縮したサプリメントも手軽な価格で入手可能です。

 

 - サプリメント・健康食品