【代替医療ナビ.com】  

だいたいいりょうナビ / 代替医療とは現代医療を補完・代替する医療のことです。/ がん・糖尿病・アレルギーなどに対する世界各国の様々な代替医療や健康情報をお届けします。

*

ヨモギ  Wormwood

灸の(もぐさ)効果、消炎・利尿作用

ヨモギ

ヨモギとは

ヨモギは日本各地の道端や荒地など、いたるところに自生するキク科の多年草です。地下茎を縦横に伸ばして繁殖する強い生命力をもち、若葉を食用にする代表的な春の野草のひとつです。

春先の若葉は3月3日の雛祭りに供える草餅やヨモギ団子にしたり、おひたし、ごま和え、菜飯にして食べるほか、5月5日の端午の節句には厄よけとして屋根にのせたり軒先に差したりもします。またショウブとともにヨモギを菖蒲湯に入れる薬湯の風習が伝承されています。

古くから民間療法の定番とされており、切り傷、食あたり、下病止めなどに効く薬草として、外用・内用ともによく用いられてきました。沖縄では「ふうちばあ」と呼び、乾燥した葉を煎じて健胃剤として飲んだり、リカーに漬けたものをヨモギ酒(薬用酒)として利用しています。

灸の「もぐさ」に用いる、古くからの民間薬

特有の香りがあるヨモギの葉の表面は濃い緑色で、葉裏には白い綿毛があります。真夏に採取した葉をよくもみ、綿毛だけを集めたものが、東洋医学の灸に使われるもぐさです。灸の効果には、ツボへの温熱刺激以外にも、立ち昇る煙に含まれる独特の香り、シネオール、アルブタシンなどのテルペン類、ツヨンという神経刺激物質などを含む精油成分の働きが、さらに治療効果を高めているものと考えられます。そのほかに、ビタミンA、B群、C、D、クロロゲン酸も含有されています。

ヨモギの働き

期待される働きはつぎのとおりです。

  • 消炎・鎮痛作用
  • 冷え性の改善
  • 利尿作用
  • 生理痛改善

中国ではヨモギの葉を艾葉(がいよう)といい、単独では消炎、収斂、止血、止瀉薬に、何種類かの合方(組み合わせ)では腹痛や下痢止め、利尿、解熱、鎮唆、便秘などに用いられています。最近では、過剰な活性酸素を消去するヨモギのSOD活性が注目されています。

費用その他

乾燥ヨモギ粉末が比較的安価に販売されています。サプリメントというよりは、普段の食生活に使用してみるのもよいでしょう。

 

 - サプリメント・健康食品