【代替医療ナビ.com】  

だいたいいりょうナビ / 代替医療とは現代医療を補完・代替する医療のことです。/ がん・糖尿病・アレルギーなどに対する世界各国の様々な代替医療や健康情報をお届けします。

*

エゾウコギ  Siberian ginseng

●エゾウコギとは

エゾウコギは北海道(旧蝦夷地) 産ウコギの和名です。薬用二ンジン(高麗人参や田七ニンジン)と同じウコギ科に属し、日本では千島、シベリア、中国北部にも自生しています。エゾウコギは、遥か昔北海道で暮らしていたアイヌの人たちに、神聖な植物として、また、時には悪霊を追い払うおまじないとしても扱われていたそうです。

ロシアでは「命の根」を意味するエレウテロコックという名で、中国ではウコギの樹皮を用いた強壮・強精効果をもつ生薬が2000年以上前から利用されてきました。

1960年、旧ソ連アカデミーのブレフマン博士による「エゾウコギの薬効は薬用ニンジンよりもすぐれている」という評価をきっかけに、エゾウコギに関する研究が一気に進みます。1980年開催のモスクワオリンピックでは、旧ソ連の選手たちがエゾウコギエキスを飲んで活躍したことが話題になり、特にスポーツ界から注目を集めました。また、旧ソ連の宇宙飛行士「ガガーリン」がエゾウコギを愛飲していたことでも有名です。

日本における研究調査は、1973年、北海道大学(農学部・薬学部)、道立衛生研究所を中心に推進され、北海道東部(美幌地方)での自生が確認されます。採取したエゾウコギの染色体が中国産やロシア産のものと一致したことから、同一種類であることが確認されました。

●エゾウコギの働き

サポニン配糖体を含む薬用ニンジンに対して、エゾウコギの根や茎に含まれる7種類の配糖体はトリテルべノイド系の配糖体で、その薬理効果は薬用ニンジンの6倍強といわれています。とくにエレウテロサイド、イソフラキシジンなどの有効成分には、緊張や精神的不安定を緩和する鎮静作用、強壮・強制効果、抗ストレス(抗うつ)作用、疲労回復効果、全身の免疫力増強効果、運動能力向上作用など、多くの働きが期待されています。

最近では特に、メンタル面に著効ありと多くの研究報告が発表されています。

●費用その他

サプリメントは手軽な価格のものから高価格帯のものまで、各種発売されています。各製品のエキス含有量などを調べてからのご使用をおすすめします。また、高血圧の方はご使用に注意が必要です。

 - サプリメント・健康食品