【代替医療ナビ.com】  

だいたいいりょうナビ / 代替医療とは現代医療を補完・代替する医療のことです。/ がん・糖尿病・アレルギーなどに対する世界各国の様々な代替医療や健康情報をお届けします。

*

マテ茶 Mate

94db1110ae618b0809dd86b298f2b590[1]

 

●マテ茶とは

マテ茶は、イグアスの滝で有名な中南米のブラジル西部、アルゼンチン、パラグアイとの国境に接するパラナ川流域に産する、モチノキ科の常緑樹であるゼルバマテの葉や茎を用いたお茶です。

スペイン語でマテは「ひょうたん」を表す言葉で、ひょうたんの容器に入れたマテ茶をボンビージャーと呼ばれるストローを差し込んで飲む習慣にちなんで名づけられました。

古くから先住民のインディオたちが飲んでいたポピュラーな健康茶で、現在ではブラジルをはじめ南米各地で、日本人に緑茶を飲む習惯があるのと同じ様にマテ茶が愛飲されてきました。緑茶、紅茶、コーヒーよりもカフェインの含有量が低いので、胃への刺激も少なく、さっぱりとしたマテ茶の味は、子どもたちが飲むのにも適しているでしょう。最近は、含まれる栄養素の多さから「飲むサラダ」ともいわれ、脚光を浴びています。

●働き

期待される働きは次のとおりです。

・新陳代謝促進

・血圧降下作用

・動脈硬化予防

グリーンマテ(緑茶タイプ)とローストマテ(焙じ茶夕イプ)がありますが、いずれも、ビタミンA、 ビ夕ミンB群、鉄分、カルシウム、コリン、マテイン、ポリフェノールなどが豊富に含まれています。

飲用効果は、食欲・消化促進、滋養、疲労回復、ビタミン補給など多岐にわたるとされています。

他の嗜好飲料と含有成分を比較すると、葉緑素、鉄分、カル シウム、カリウムが多く、鉄と化合して腸内吸収を妨げるタンニンやカフェインのような刺激性のアルカロイドが少なくなっています。

マテ茶に含まれる、こうしたミネラル分が人間の筋肉、消化器系、神経系、泌尿器などへの生理作用に良い結果をもたらすものと考えられています。

コリンは体内でアミノ酸から合成される水溶性のビタミン様物質で、血管を拡張して血圧を下げる作用や、コレステロールを乳化させるレシチンを作って動脈硬化を予防します。

また、ポリフェノールも多く含んでおり、抗酸化作用は緑茶に優るともいわれています。

マテ茶にはマテインというカフェインに似たアルカロイドで、カフェインよりも緩やかに作用する特有の成分が含まれています。マテインには自律神経を刺激して、心身を活性化させる働きがあり、 血液の循環を良くして、細胞の新陳代謝を促す効果が期待されています。

●費用その他

「飲むサラダ」と言われるように、ポリフェノールのひとつであるフラボノイドを多く含み、緑黄色野菜不足の方におすすめです。緑茶と同じ感覚で抵抗なく、私たち日本人の味覚にも違和感なく受け入れられるでしょう。

製品はペットボトルやティーバッグなどの種類があり、価格も比較的安価なので

続けやすいでしょう。

 

 - サプリメント・健康食品