【代替医療ナビ.com】  

だいたいいりょうナビ / 代替医療とは現代医療を補完・代替する医療のことです。/ がん・糖尿病・アレルギーなどに対する世界各国の様々な代替医療や健康情報をお届けします。

*

ノコギリヤシ Saw palmetto

シニア世代の頻尿や残尿感に

ノコギリヤシ 代替医療 サプリメント 健康食品 抗がん 補完療法 利尿

ノコギリヤシとは

ノコギリヤシは北米原産のヤシ科シュロ属の低木で、ギザギザしたノコギリ状の葉をつけ、秋には濃い赤色の実をつけます。ノコギリヤシの果実は北米ネイティブアメリカンの食用として、また男性の強壮、利尿、鎮静効果のある民間薬として古くから用いられてきました。

19世紀には移民を通じてョーロッバに伝えられ、強壮効果のあるハーブとして一般家庭にも広まりました。しかし、その医学効果が取り上げられるようになったのはごく最近のことです。 1990年、フランスのシャンポール博士による「前立腺肥大症に特異的な効果がある」という報告がヨーロッパの医学会の注目を集めました。

現在、エキス成分は、ドィツやフランスなど欧州各国で医薬品として認可され、医師から処方されています。

ノコギリヤシの働き

前立腺は膀胱の下、尿道のすぐそばにあるクルミ大の腺組織ですが、中年期以降には男性ホルモンに変化があらわれ、夜間頻尿、尿が出にくくなるなど、前立腺肥大症を起こしやすくなります。

前立腺が肥大すると5α-リダクターゼという酵素が分泌され、ジヒドロテストステロン(DHT)を作り出すので、さらに前立腺を肥大させると いう悪循環に陥ってしまうのです。5α-リダク夕ーゼは皮脂腺にも存在して発毛や育毛を妨げる働きがあるので、この酵素が多く分泌されると脱毛症の原因にもなります。ノコギリヤシにはこの酵素の働きを抑え、前立腺肥大症を緩和する働きが期待されています。

また、シニア世代の尿意に関するトラブル全般に対し有効だという報告もあり、国内では健康食品として利用する方が増えています。

費用その他

日本では医薬品認可がされていないため、サプリメントとして多数の商品が販売されています。品質やメーカーをよく調べてからのご利用がよいと思われます。

 - サプリメント・健康食品