【代替医療ナビ.com】  

だいたいいりょうナビ / 代替医療とは現代医療を補完・代替する医療のことです。/ がん・糖尿病・アレルギーなどに対する世界各国の様々な代替医療や健康情報をお届けします。

*

鎌先温泉

鎌先温泉(かまさきおんせん/宮城県)の特徴

鎌先温泉は南蔵王の山あいに位置し、発見は応永35年(1428年)の閑静な古湯です。その昔、農夫が水を求め鎌の先で地面を掘り起こしたところ、湯が盛大に噴き上がったのが名前の由来とされ、以来600年の歴史を誇ります。古くから湯治向きの温泉として知られ、江戸時代には諸国温泉番付の“東の前頭”として紹介されました。

鎌先温泉 補完療法 代替医療 

手術後の早期快復に効果

「傷の鎌先」と称されるほど切り傷に特効のある薬湯として、手術後の療養客をはじめ多くの湯治客に親しまれてきました。泉質はナトリウム-塩化物・硫酸塩泉で鉄イオンを若干含むため、色はわずかに茶褐色のにごり湯です。

保温効果の他に血管拡張作用で身体の末端まで温めてくれます。またお湯のpHが6.9でほぼ中性であるため、肌にも低刺激。温泉の効能は打ち身、切り傷、リウマチ、神経痛、胃腸病、高血圧、動脈硬化症、婦人病など。

古くから「奥羽の薬湯」と呼ばれるほど治療効果があるようです。中長期滞在する湯治客も多く、温泉療法・代替医療に適した温泉です。

鎌先温泉の効能

  • リウマチ
  • 神経痛
  • 胃腸病
  • 高血圧症
  • 動脈硬化症
  • 婦人病
  • 消化器病など

鎌先温泉の泉質・情報

泉質:含芒硝食塩泉

泉温:37℃

所在地:宮城県白石市福岡蔵本字鎌先

交通:電車の場合 JR東北新幹線 白石蔵王駅からタクシー10分

交通:自動車の場合 東北自動車道 白石ICから10分

 

温泉療法とは

 

 - 温泉療法