【代替医療ナビ.com】  

だいたいいりょうナビ / 代替医療とは現代医療を補完・代替する医療のことです。/ がん・糖尿病・アレルギーなどに対する世界各国の様々な代替医療や健康情報をお届けします。

*

定山渓温泉

定山渓温泉(じょうざんけいおんせん/北海道)の特徴

定山渓温泉は札幌市内から国道230号をクルマで約1時間。近代的なホテルや風情ある旅館が渓谷の中にたたずむ地域にあります。

温泉名は慶応2年(1866)、行脚僧の美山定山が地元の人の案内により源泉を発見し、小さな湯小屋を開いた事が由来。それ以来、札幌の奥座敷としての魅力を保ち、さらに豊平峡ダム、定山渓ダム、そして札幌国際スキー場など、周辺の観光施設も充実し、温泉はその中核として多くの道内外、そして海外からの観光客に利用されてきました。

定山渓温泉 紅葉 湯治

渓谷の景観美と上質な湯

泉質はナトリウム塩化物泉、効能は神経痛、胃腸病など。 また河童伝説が残り、河童をシンボルとしている定山渓温泉には至る所にかっぱ像があります。

定山渓温泉は、無色透明でまろやかな塩辛さが特徴のナトリウム塩化物泉(中性低張性高温泉)です。 国内では一般的な泉質のひとつで、入浴すると肌にこのナトリウム分が付着し、汗の蒸発を防いで体の芯からポカポカ温まります。

定山渓温泉の源泉は56ヵ所あり、そのほとんどが温泉街を流れる豊平川の月見橋付近と高山橋付近に集中しており、川岸や川底岩の割れ目から豊富に自然湧出しています。 湧出量は毎分8600リットル、湧出温度も60~80度と高温で、量・質ともに国内有数の温泉です。

湧出のメカニズムは定山渓の豊かな森林と切り離せません。付近には薄別川、白井川、小樽内川の3本の川が豊平川の本流に流れ込む地域にあり、朝日岳、 夕日岳、春香山から余市岳、無意根山、空沼岳に至る山々が連なっています。この広大なエリアで地中にしみこんだ地下水が温泉の源になっていると考えられています。また、渓谷の美しさでも全国的に有名です。

定山渓温泉の効能

  • 神経痛
  • 関節痛
  • 冷え性
  • 疲労回復
  • 筋肉痛
  • 胃腸虚弱など

定山渓温泉の泉質・情報

泉質:ナトリウム・塩化物泉ほか

泉温:約70℃

所在地:札幌市南区定山渓温泉

交通:バスの場合 JR札幌駅バスターミナルから75分。地下鉄南北線真駒内駅から50分。

交通:自動車の場合 札幌北ICから国道231号線、さらに230号線に入る。50分。

温泉療法とは

 - 温泉療法