【代替医療ナビ.com】  

だいたいいりょうナビ / 代替医療とは現代医療を補完・代替する医療のことです。/ がん・糖尿病・アレルギーなどに対する世界各国の様々な代替医療や健康情報をお届けします。

*

関節リウマチ・関節の痛み

痛みをやわらげる

●関節リウマチは女性の発症率が高い

関節リウマチは、複数の関節に左右対称に炎症が起こり、関節の骨や軟骨が徐々に破壊されていく病気です。 女性の発症率が圧倒的に高く、30〜50歳代で発症することが多い病気です。自己免疫疾患のひとつであり、 関節の中で異常な免疫反応が起こり、自分のからだを攻撃することで炎症が起こります。手の指の関節から 炎症が始まることが多く、足の指、ひじ、ひざへと炎 症が進行します。炎症を起こした関節は腫れて、強く痛みます。そのまま5〜10年が経過すると、関節の骨が破壊され、変形してくるので日常の動作も不自由になってしまいます。

しかし最近は優れた新薬も登場し、完治はしないが悪化もしない、いわゆる「寛解」状態を保つことは以前ほど難しくありません。関節リウマチは症状初期段階での治療開始が重要とされ、その後の病勢に影響を与えます。つまり治療開始が早いほど、症状が悪化しないということです。痛みを緩和する治療も並行して行われます。

●股関節と膝関節への体重負担が大きい

変形性関節症は、老化や関節の病気によって関節軟骨の弾力性がなくなり、膝関節、腰椎に起こりやすく、骨と骨との摩擦によって痛みと炎症を繰り返すうち、関節部分に変形が起こる病気です。とくに股関節や膝関節には体重の負担がかかりやすく、変形性股関節症、変形性膝関節症を発症します。

軟骨は弾力性があり保湿性に富んだコラーゲン、コンドロイチンなどの成分でできており、関節でクッションの役割を果たすほかにも、カルシウムを骨に吸着させる重要な働きをしています。

骨の破壊や変形をともなう慢性関節リウマチや変形性関節症の痛みを緩和するためには、まず関節にかかる体重の負担を軽くし(減量)、痛みをやわらげる効果のある食品やサプリメントをとりたいものです。

●リウマチや関節の痛みの緩和に効果的な代替療法・サプリメント

リウマチや関節の痛みを緩和する効果が期待されるサプリメント

グルコサミン・コンドロイチン・コラーゲン・オレガノオイル・キャッツクロー・免疫ミルクなど

 - 疾患・症状別の代替療法