【代替医療ナビ.com】  

だいたいいりょうナビ / 代替医療とは現代医療を補完・代替する医療のことです。/ がん・糖尿病・アレルギーなどに対する世界各国の様々な代替医療や健康情報をお届けします。

*

肥満

体内への脂肪吸収を抑える・脂肪の燃焼を高める

●標準体重だけでなく体脂肪率が重要

肥満は体内に脂肪がたくさん蓄積された(太った)状態をいいます。一昔前までは、おもに身長と体重の比率(標準体重)を問題にしていましたが、近年では体重に占める 体脂肪率(体脂肪の割合)が重要視されています。適正な体脂肪率は、男性では15〜20パーセント、女性では20 〜30パーセントの範囲であると考えられ、これを大幅に超えると肥満と判定されます。

数年前の調査では体重100キロ グラムを超える幕内力士の体脂肪率は平均約23パーセントでしたから、やや太めではあっても決して肥満ではありません。これが標準体重以下の人で、やせているように見えていたとしても、体脂肪率が30パーセントなら立派な肥満ですので、生活習慣病予防のためダイエットをおすすめします。

●皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満がある

食べ物からの摂取カロリー量が、基礎代謝(呼吸や安静 時の生活で使われるエネルギー)や運動時の消費カロリーを常に上回る生活をしていると、余分なカロリーは皮下脂肪に蓄えられやがて肥満が完成します。これが女性に多い皮下脂肪型肥溝です。

中性脂肪などをたくさんとる男性には、腸や胃、肝臓などの周囲に脂肪がつきやすい内臓脂肪型肥満が多く見られます。いずれのタイプの肥満でも、糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病になりやすく、動脈硬化、心臓病、脂肪肝のリスクが非常に高くなります。

体内への脂肪吸収を抑えたり、脂肪の燃焼を高めたりする食品やサプリメントを積極的に活用するのがよいでしょう。

●肥満に効果のある代替療法やサプリメント

体内の脂肪燃焼を高め、肥満の防止、ダイエット効果が期待されるサプリメント

力プサイシン・キチン、キトサン・ ギムネマシルベス夕・グァバ・クロム・桑葉・食物繊維・スピルリナ・杜仲茶・にがり・乳酸菌・発芽玄米・ビタミンB群・羅漢果エキス・ローズマリーなど

 - 疾患・症状別の代替療法