【代替医療ナビ.com】  

だいたいいりょうナビ / 代替医療とは現代医療を補完・代替する医療のことです。/ がん・糖尿病・アレルギーなどに対する世界各国の様々な代替医療や健康情報をお届けします。

*

肝臓病

アルコールや中性脂肪を控え、肝機能を積極的に高める

●慢性化しやすいB型肝炎とC型肝炎

肝臓のおもな働きには、食べ物からとった栄養素の代謝、解毒作用と排泄作用、胆汁の生成と胛汁色素の排泄などがあります。本来、肝臓は再生カが旰盛で頑強な臓器です。しかし、別名「沈黙の臓器」ともいわれ、肝障害の症状が出たときには、すでに病気が相当進行していることが多く、健康診断などで肝機能のチェックが欠かせません。肝臓を守り、ケアするのには普段の心がけが肝心です。

肝臟病には肝炎、脂肪肝、肝硬変、肝臓ガン、アルコール性肝障害などがあり、最も多いのがウィルスによって感染する肝炎です。食べ物や水から感染する急性A型肝炎、 傷口や輸血などからの感染が多く、慢性化しやすいB型肝炎とC型肝炎の3種類があります。

●血液検査での肝機能チェックを怠らない!

慢性肝炎ははじめのうち無症状か、あっても全身のだるさ、おなかが張る程度の軽い症状です。そのため気づかないうちに慢性化しやすく、最後は肝硬変や肝臓ガンに移行する可能性が高いなど、くれぐれも注意が必要な病気です。

脂肪肝は肝臓全体の30%以上に中性脂肪がたまった状態をいい、その結果、肝臓が腫れ上がって肝機能も低下します。肥满やお酒の飲みすぎなどがおもな原因で、減量や節酒での改善が期待できます。アルコール性肝障害にはアルコール性脂肪肝・肝炎・肝硬変があり、重症では入院治療が必要になります。

普段から血液検査での肝機能チェックを忘れずに、アルコールの摂りすぎを極力控え、肝機能を高める食品やサプリメントを選んで利用しましょう。

●肝臓病・肝機能改善に効果的な代替医療・サプリメント

肝機能を高め、慢性肝炎などを予防する効果が期待されるサプリメント

ウコン・クロレラ・シイタケ菌糸体エキス・しじみエキス・スクアレン・メグスリノキ・乳清夕ンパク・ マリアアザミなど

 - 疾患・症状別の代替療法